面接やプレゼンにはクイーンかミランダをイメージして

オープンハート英語部の梅澤のりです。

自己暗示方法の1つとしてチャクラを整えるワークもお勧めしています。

チャクラについての詳しい説明は割愛しますが

胃のあたりにある第3チャクラ(太陽神経叢)は自己価値観と関係しています。

面接やプレゼンなど、自信をもって臨みたいときは、ここをケア。

お勧めは太陽神経叢の色である黄色や金色を身に着けること。

下着やハンカチなど見えない部分でも大丈夫です。黄色や金色の「色の周波数」が太陽神経叢に効くのです。

そして、胃に「強いイメージのものを置く」というのもお勧めです。

これはワークショップでは「ライオン」を使い、ビフォア・アフターの効果もチェック。結果に驚きました!物を用意しなくてもイメージだけで出来るので、私はこちらを使います。

ライオン以外でも自分が「強い」「パワフル」とすぐにイメージできるものであれば何でも可能。ワークショップの主催者はイギリス人で「パワフル=エリザベス女王」だそうです。

私の場合はプラダを着た悪魔のミランダ。

OR

スーツのハーヴィー。

えっ?あんな人になりたいの?・・・と、心配されそうですが、必要なのは彼らが持つ「自信」と「動じない」強さ。

因みにこの自己暗示・・・面接やプレゼンなどだけではなく、緊張を伴うシチュエーションや堂々としていたい時にも有効です。例えば、上司に一言申し上げたい時とか・・・

自信をもつことで緊張感が減ります。

その結果、自然体でいられ、自分らしさを出すことができるのです。